会計監査 | ストラテジック・シナリオ グループ

会計監査

日比谷監査法人は、クライアントの業界特性や業務内容、さらに経営理念や組織構造などを的確に理解し、取引の特性やリスク状況の変化を監査方針や監査手続の決定に反映しています。
手続面では日本公認会計士協会監査基準委員会報告書にも準拠した監査アプローチに基づいて監査を実施しています。
具体的には、内部統制の評価を通じて監査手続を選択し、実施するリスクアプローチをベースに監査業務を効果的・ 効率的に進めていきます。こうした監査の過程で認識した課題や問題点については、経営者に対して改善提案を行っております。
また法律により義務付けられた監査はもちろん、内部統制や不正行為に関する調査・アドバイス、M&Aなどの際に必要となる財務デューディリジェンスなどの関連業務も幅広く担当しております。

・金融商品取引法監査、会社法監査
・投資育成会社監査(中小企業投資育成会社の投資を受ける会社の監査)
・労働組合監査
・任意監査、任意監査が適用されない会社の財務諸表監査
・株式公開準備のための監査
・親会社の関係会社管理の一環として関係会社を対象に行う監査
・企業買収に際して行われる被買収企業の財務諸表の監査 
・協同組合・生活協同組合の監査
・企業等の内部監査、特定項目の監査
(技術援助契約に基づくロイヤリティーの監査、債権管理、在庫品管理、下請け取引先との取引、その他)
・ファンド監査